日本の音楽(ヘヴィーメタル)シーンにとんでもない天才少女が現れたものです。

僅か10歳(小学5年生?)にして、この演奏を・・・まさに天才的なギタリスト誕生です。

普通、10歳の少女にとっては、ギターの左手の指さばきは、難しいと思うんです。

フレット間の距離が少女には長すぎますし、特にヘヴィーメタルの演奏ともなると、チョーキング等力技もありますので。

さらには天性の耳(聴覚)の良さ、リズム感にも唖然とします。

ところがすべては杞憂であったようです。
まさに、ギターの申し子。天才といっても過言ではないと思います。

こんな幼いプレーヤーが出現するようになった日本も、捨てたものではないですね。