元カシオペアのドラマー、神保彰氏は、世界最高のドラマーといっても過言ではありません。慶応大学出身、高校時代からドラムを始めて、大学在学中にカシオペアとしてプロデビュー。日本のFUSION界の草分け的な地位を獲得しました。

さて、カシオペア在籍中からその安定したドラミングは、日本の最高峰と評価されていました。そして、脱退後は独自の路線を追求、さらに難易度の高いドラミングを常に追求してきました。その一つの到達点がドラムプレイでの「一人オーケストラ」。

音源とシーケンスを駆使し、さらにメロディーをドラムで奏でながらリズムを刻むという、まさに神業の領域に達しています。

世界のドラマーのなかで、この領域を極めたのは神保彰氏ただ一人だけ。
天性のリズム感は、比類なき努力とチャレンジによって磨かれ続けています。