世界のドラムシーンで5指には、現在の日本人の女性が2人ランクされています。その一人が、現在早稲田大学在学中の川口千里さんです。

音楽とは無縁の家庭環境に生まれながら、メカ好きの父親が買い求めてきたサイレントドラムに異常に関心を持ち、驚くほどの速さで習得したといわれています。天性の才能の開花なのでしょうか。

2010年には世界のトップドラマー500のなかに、神保彰氏についで二人目のランクインを13歳で果たした、超逸材です。

FUSION系のドラミングに強く、現在では早稲田大学在学中ながらプロとして活躍の場を広げている、将来が楽しみな女性ドラマーです。