現在17歳のTINA Sは、最高の女性ギタリストであると言っても過言ではありません。特に、エレクトリックギターの領域では、最も洗練されたテクニックの持ち主であると思われます。

ロックやジャズの世界では、近年女性の進出が目立ち始めています。ドラムス、ギター、ベースギターといった従来は男性中心のパートであった分野における女性の進出は目覚ましいものが。

そしてそのレベルは、男性とまったく遜色がなくなってきているのも、特徴ですね。そして女性ならでは、の繊細なテクニックも。

恐らく5年後、10年後は、このTINA Sの時代がきます。そしてすぐにそれをLI-SA-X(日本人少女)が追い越すでしょう。