清原氏の裏切りとかは、関係ないですね。そういう次元ではなくて、野球の指導者達に憤りを感じてのコメントでしょう。

リトルリーグでも、そしてPL学園時代にも、厳しい指導を受けたという桑田氏。よくあるスポコン的な熱血指導というやつでしょうが、それが時に体罰をともなったり、過酷な意味のない厳しい反復練習をさせたりと、そういう指導法に対して、憤りを感じているのだと思います。

桑田氏はプロ野球引退後に、指導者として必要な理論や指導を筑波大学で学んでいます。そしてスポーツ生理学についても同様に学んでいて、なんでも根性論で押し切ろうとする指導がいかに理不尽であるかを熟知しているのでしょう。

悪戯に先週に過酷な練習を課して、上達するような、スポーツというのはそんなものではありませんと、主張しています。まさに同感ですね。

鈴木大地氏がスポーツ庁長官ですが、桑田氏のほうがはるかにふさわしいでしょう。