動物でも人間でも、子供の頃のあどけなさは恐らく「生」を感じさせる瞬間なのだと思います。まるで宝石のように「生」がキラキラと輝いてます。

生涯のうちには、苦難もたくさんありますけど、輝く瞬間も何気ない生活の中にちりばめられてます。

子供の猫が可愛いというのは、飼い主にとって凄く貴重な瞬間です。

一生懸命に飼っていこうと感じさせているんです。

そういうことを、いつまでも忘れたくないですよね。